スポンサードリンク



北海道 豊頃町ににメガソーラー計画

大手発電事業会社ユーラスエナジーホールディングス(東京)が十勝管内豊頃町にある民間の「とよころ飛行場」と隣接地で、道内有数の出力となる2万〜3万キロワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設計画を進めていて、2013年4月着工、2014年10月稼働を目指しており、総事業費は約100億円の見込み。主な株主としては豊田通商株式会社、東京電力株式会社が主な出資先。

晴れユーラスエナジーホールディングス
東京都に所在し風力発電や太陽光発電の事業に力を注いでいる会社。アメリカ、ノルウエー、オーストラリアにおいても事業を遂行中。風力発電は岩屋ウインドファーム(青森県東通村)に関連している。

晴れ豊頃町
豊頃町は、北海道十勝地方の東南端に位置する、農業と漁業を基幹産業とする人口約3,800人の町です。町名の由来はアイヌ語の「トエコロ」で、「大きなフキが生えていたところ」といわれています。帯広駅から車で40分に位置し十勝の小さな町です。農業などが特にさかん。
posted by 電化生活 at 00:57 | 新エネルギー

徳島県にメガソーラー

徳島県の県有地の小松島市赤石地区と松茂町の徳島空港臨空用地に進出を決めているソフトバンクの子会社「SBエナジー」が、メガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設を始めた。2か所とも、今年度中の運転開始を目指すそうだ。原発事故後、太陽光発電に関連する施設が多く計画され、原発に変わるエネルギーの確保を急がれるところでの建設だ。

 赤石地区は3万5000平方メートルに1万1880枚の太陽光発電パネルを設置する。出力規模は2・8メガ・ワットで、年間予想発電量は一般家庭約1000世帯分の年間電力消費量に相当する量を発電可能だそうだ。

太陽光発電の問題は太陽が沈んでしまうと電気を発電しないため、蓄電装置の同時設置も叫ばれているが、今日現在、蓄電システムの構築がされていないのが今後の課題となりそうだ。

蓄電池はソニーや日立、オムロンなどが発売している。 家庭用蓄電池


posted by 電化生活 at 07:04 | 新エネルギー

太陽光で動くスクーターが登場


太陽光発電(太陽光パネルによる発電方法)が、注目される昨今ですがスクーターもソーラーで動く時代がすぐそこのようです。

それは、インド・ムンバイ(Mumbai)に住むアユブ・カーン・パタン(Ayub Khan Pathan)さんと、おいのイムラン(Imran Khan Pathan)さんは、太陽光で走るスクーターを製作した。

 3年の歳月と製作費2万7000ルピー(約5万円)をかけて、中古のスクーターを改造してソーラーパネルを付けた。1回の充電で60キロの走行が可能だという。

少ない資金で無尽蔵の太陽光を使って、二酸化炭素を排出しない夢の乗り物となりそうですね。
posted by 電化生活 at 08:13 | 新エネルギー

SANYO、Panasonicが共同で太陽光利用の街路灯を発表

三洋電機(SANYO)とパナソニック(Panasonic)は、LED(発光ダイオード)照明と太陽光発電パネル、リチウムイオン電池を組みあわせた街路灯を共同開発し、2011年1月に発売する模様です。
今までは蛍光灯やナトリューム灯が主流だった街路灯ですが、LEDを利用することによって、経済的で且つ、地方自治体の経費節減に向けECOへの道が加速しそうですね。
タグ:太陽光発電
posted by 電化生活 at 09:50 | 新エネルギー

ソーラー発電を利用した駐輪場が登場

ソーラー発電に興味のある方もたくさんいらっしゃると思います。
自転車を利用することもECOだと思います。



【3月16日 AFP】東京都世田谷区で16日、電動アシスト自転車を貸し出す「ソーラー駐輪場」がオープンした。三洋電機(Sanyo Electric)と世田谷区が協力して開始した取り組みで、自転車に搭載されたリチウムイオン電池を駐輪場の屋根のソーラーパネルで充電できる。ソーラーパネルで発電した電気はLEDによる夜間の照明にも使われる。(c)AFP
posted by 電化生活 at 09:04 | 新エネルギー

au KDDIからソーラー携帯発売

携帯電話会社のAU KDDIから太陽電池パネルを搭載したソーラーフォンを発売。

屋外での仕様が多い方などにとても人気がある。

シャープから販売されております。

今後多数のメーカーから販売されることでしょう。
posted by 電化生活 at 14:36 | 新エネルギー

Panasonicの新型住宅でECO生活

耐震住宅工法「テクノストラクチャー」の新・トータルエコロジー提案
パナソニックの省エネ・創エネ設備を搭載した省エネハウス「エコイエ」新開発

パナソニック電工株式会社は、独自の耐震住宅工法「テクノストラクチャー」に外張り断熱工法や省エネ、創エネ設備を搭載し、CO2削減を徹底追及した提案型住宅「エコイエ」を開発。
posted by 電化生活 at 07:35 | 新エネルギー

宇宙から太陽光発電でECO


ECOブームが本格化しそう。なんと宇宙から太陽光発電でえた電力を地球に送るという構想です。

日没などを気にすることなく24時間のエネルギー供給にECOを感じる
posted by 電化生活 at 16:34 | 新エネルギー

電気自動車がついに登場

北海道洞爺湖サミットで電気自動車が走る


北海道洞爺湖サミットで電気自動車がお披露目しました。
これはガソリンに代わり、家庭用電源からバッテリーに充電し走行できるものらしい。
車体の大きさは、軒並み軽自動車程度ですが、バッテリーなどの走行機器の開発により大型化も可能になってくると思います。

近い将来、排気ガスの無いクリーンな日本になっていると嬉しいですよね。
タグ:電気自動車
posted by 電化生活 at 18:00 | 新エネルギー

全国ガソリン価格

全国のガソリン価格っておいくら?


TOPページに全国のガソリン価格がわかるパーツを設置してみました。
ガソリンの値段は非常に高いですよね。
ガソリンに代わる新燃料が出来ればよいと思います。
posted by 電化生活 at 17:58 | 新エネルギー

家庭用小型発電機

近年のECO(エコロジーの略)ブームは本当に大切なことは、皆さんご存知のはず。日本も京都議定書に則り対策が早急視されています。
各家庭でもECO商品を買われたり、対策をされておられると思いますが、家庭用小型発電機はご存知でしょうか?
家庭用小型発電機とは?
風車を風の力で発電機を回す事により、電気を発生すること。

マンションでは、ベランダに固定するタイプのものや、庭に設置するタイプは様々です。
各種助成金等を利用することで、日中の電力を賄うことが出来るでしょう。輸入大国であるわが国では、唯一といっていいほどの自然のエネルギーを大事にしたいものですね。
タグ:発電機
posted by 電化生活 at 00:26 | 新エネルギー

新エネルギーについて

一般家庭に復旧しだした太陽光発電(ソーラー発電)ですが、このほか家庭で使える新エネルギーがあるのでしょうか。
下記のような例ああげられます。

  • 風力発電

  • 太陽熱発電

  • 燃料電池


今現在、考えられる家庭で使えるエネルギーはこのようなものでしょう。
では、実際に・・・。

風力発電
プロペラ(風車)にモーターを連動させ、風力(自然エネルギー)により回転させられた力から、電力を発生させることです。
近年では、家庭用に小型化が進んでおり、ベランダに取り付けることが可能なタイプや太陽光発電ユニットとの併用可能なものが発売されています。
価格帯は30万円台から。
太陽光発電に比べると比較的安価で、「太陽光発電のように大規模じゃなくていい」という方や、ソーラーパネルが設置できないマンションなどにも設置ができる場合があります。家庭用新エネルギーとして、これからの可能性は大きいものがあります。
※マンションや賃貸物件の場合、管理会社や所有者から許可を頂く必要がありますので注意が必要です。

太陽熱発電
太陽熱発電は現在開発中ですが、太陽熱を利用した太陽熱温水器や太陽熱暖房装置が発売されており、光熱費のウエイトの高い温水器をガス給湯器などから変えることで環境に優しい住まい作りとなるでしょう。価格帯は工事費別で機材費が10万円台から発売されています。年間の給湯器や温水器にかかる費用は4人家族で10万円ともいわれておりますので、決して太陽熱温水器や太陽熱暖房が高い買い物にはならないと思います。既存住宅向きともいえる新エネルギーとも言えるでしょう。
また、太陽光発電と太陽熱温水器を併用することにより、費用対効果が大きいと思われます。
※北海道や東北地方の場合、積雪により思うような効果をあげない場合がありますので注意が必要です。

燃料電池
水の化学反応で、酸素と水素を発生させこれから得られるエネルギーのことを燃料電池といいます。すでに実用化されていますが、価格帯は50万円台からで、維持費を考慮すると今の価格帯では厳しいものがあると思います。ちなみにガス会社などでは100万円程度とされていますが、確かな数字ではありません。
燃料電池は原子力や石油・ガス、太陽光発電に並び今後普及する見込みです。
※水素エネルギーを使用するため、安全性に対し厳重な注意が必要です。

このように、家庭用エネルギーには様々なものがあり、太陽光発電に限らず設置場所・コスト・費用対効果を大いに検討して、エコライフを送るとともに経済的な生活をしつつ地球温暖化防止に参加してみてはいかがですか。
posted by 電化生活 at 14:11 | 新エネルギー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。